沿革

1943年~1956年

1943年 徳島市立市民病院を母体として, 徳島県立徳島医学専門学校が設立
12月 牧野利三郎の「レントゲン間接撮影法の研究」に対し, 文部省緊急科学研究費が交付
4月 牧野利三郎, 徳島医学専門学校教授(放射線科学)就任
8月 牧野利三郎教授, 召集
1945年 4月 官立徳島医学専門学校に改称
  7月 徳島市大空襲により, 医専病院の全施設を焼失
  徳島医専病院は旧陸軍病院の国立徳島病院に仮寓, 次いで蔵本乾繭倉庫に移住
  大正時代の深部治療用高圧発生装置を入手し, 改造, 焼け残りのラジウム46mgにて癌治療実施
  9月 牧野利三郎教授, 復員
1946年 8月 日本レントゲン技術学会四国支部主催,「レントゲン技術講習会」を徳島医専病院で開催
1948年 2月 官立徳島医科大学に改称
1949年 5月 国立学校設置法(昭和24年法律第150号)により, 徳島医科大学、徳島医学専門学校、徳島高等学校を包括して徳島大学医学部(入学定員60人)が設置
1950年 3月 牧野利三郎教授, 退職し牧野放射線科開業
  三宅 寿, 徳島大学徳島医科大学教授(放射線科学)就任
  放射線科に大阪レントゲン製蓄電器放電式X線撮影装置, シリウス号(1000mA)を新設
  4月 徳島大学徳島医科大学 放射線医学講座に改称
1951年 4月 徳島大学医学部医学科設置
6月 診療エックス線技師法が公布
7月 放射線科に後藤風雲堂の回転横断断層X線撮影装置が設置
1952年 7月 三宅 寿, 百瀬達夫, 尾池喜代司, 「実験的肺ヂストマ症のX線解剖学的研究」を日本医学放射線学会雑誌に発表
  10月 片山利貞, 助教授(放射線科)就任
1953年 4月 院内措置として中央放射線部設置。三宅 寿, 中央放射線部長併任
  8月 院内措置として中央放射線部設置。三宅 寿, 中央放射線部長併任
1954年 4月 三宅 寿, 徳島大学医学部教授(放射線医学)に配置換
  10月 百瀬達夫, 助教授(放射線医学)就任
1956年 4月 三宅 寿教授, 日本医学放射線学会にて, 宿題報告「ビニール鋳型による肺紋理の研究」をテープレコーダにより報告し, 翌2日徳大病院で逝去
    秋田(西岡)清春, 大阪大学より徳島大学助教授(放射線医学)として赴任    
1956年 5月 中央放射線部にコバルト照射装置(東芝RT-101)設置    


徳島大学大学院
医歯薬学研究部 放射線医学分野

〒770-8503
徳島市蔵本町3-18-15
TEL:088-633-7173
FAX:088-633-7468

合計 本日 昨日